シックハウス症候群・化学物質過敏症を一緒に考えていきませんか?
What's New


「シックハウス対策アドバイザー資格取得講座12期」が無事終了しました。
資格を取得した方を掲載致しました

こちら→


もしかしたらシックハウスかも?「隠れシックハウス症候群チェックシート
でチェックしてみてください。

こちら→


シックハウス対策アドバイザー資格取得講座のご案内

化学物質過敏症患者さんの為のリフォーム、 使える日用製品のご案内
シックハウス対策アドバイザー資格取得講座とは?   こちら
資格取得された方のご紹介 こちら
セミナーを受講された方のご感想 こちら

セミナーで使用しているテキストができました「シックハウス対策アドバイザー」講座でテキストとしても使用しています
 生活環境協会の相談宛てに「過敏症患者にも対応した、安全なリフォーム・新築、生活用品を紹介して欲しい」との要望が多数寄せらています。
 生活環境協会ではシックハウスに10年以上取り組み、多くの対応実績がある業者として「みつ和総合環境研究所」 をご紹介いたします。

  家の空気の化学物質濃度が気になる 個人的に相談したい  そんなときは
個人訪問相談・室内空気測定

室内の空気の測定や症状について個別にご相談にのります

詳細は→こちら

「健康生活の郷(さと) 昭和村」 創設決定!

長い間の念願だった環境施設の創設プロジェクトが
具体化してまいりました。
興味をもたれた方は是非お問い合わせ下さい。

詳細は→こちら



他にも「昭和村活性化」のアイディアを募集しています

詳細は→こちら


視察報告:ドイツはこんなに進んでいる!
2000年3月にドイツの環境施設を見学してきました。フランクフルトから200Kmほど北のバード・エムスタール市にあるドイツ唯一の環境病研究所がそれです。同研究所では 化学物質過敏症アレルギー疾患 などの環境が原因とされる病気の診療および治療を行なっています。研究所は温泉療養施設(クアハウス)を持つバード・エムスタール市とタイアップして、市のクアハウスの隣に建設されています。この研究所とクアハウスを訪ねる一般保養客も多く、年間15万人が同市を訪れるということです。人口6500人の 小さな市の活性化にも大きく貢献 していることがわかります。詳しくはドイツ視察報告をご覧ください。
またアメリカEHCーDの視察報告
環境施設創設に向けてもあわせてご覧ください。
NPOって何?
NPOは社会貢献を目的とする民間の非営利団体です。

どんなことをしているの?
資格取得講座の開催
環境施設の創設運動
生活者相談の受付
セミナーの開催
安全な建材の認定
●室内環境学会との連携

各種事業の協力者を募集しています
環境施設の建設プロジェクトに興味がある方ご連絡ください
★村おこしを考える地方自治体の方
★一般投資家の方も歓迎

無料相談の受付を行っています。
「衣」「食」「住」の生活環境のうち、とくに「住環境」は建築という専門分野であり、わかりにくいものです。 自然住宅、健康住宅 を建てたいと思っている方、 リフォーム を考えている方、また自然素材、健康建築などの材料のこと、など建築に関する相談、また住環境が原因と思われる生活環境病で悩んでいる方や、なんとなく自分にも関係がありそうで不安な方々などを対象に相談を受け付けています。ご相談には、当協会の相談員がお答えします。
無料相談の受付窓口はこちら

アドバイザー紹介
協会をバックアップしてくださる専門家の先生方
柳沢幸雄先生  阿部恵子先生
牧野国義先生  千葉友幸先生
村松學先生    三好基晴先生
吉川翠先生    船瀬俊介先生


最近のニュース
2004/07/10
東京新聞
『ごみ食品』わんさか 次々と明るみ消費者もあ然
などメディアに出たさまざまなニュースをピックアップ
1
患者インタビュー
化学物質過敏症の患者さんのご自身の体験談です。詳しくは→こちらへ

用語解説
「シックハウス症候群」 「化学物質過敏症」
「アレルギー疾患」 「食中毒豆知識」

事務局長の独り言
事務局長が日々の生活で思う独り言です

セミナーを後援します
■生活環境の問題をアピールしよう!
★まだ知らない人もいっぱい
★もう見過ごせない
シックハウスに関するセミナー・講演会を企画されている関係者の方、ご連絡いただければ協会がお手伝いいたします

※ E-mail consult@seikatsukankyo.or.jp


当サイトの全体像についてはサイトマップをご覧ください。


このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。
このページに関する感想やお問い合わせ、不具合などがありましたらこちらにご連絡お願いします
1138551