相談内容と回答
住みやすい日本を! 掲載日 2003/11/22
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H15年9月24日H15年9月24日 化学物質過敏症物質だが「低ホルムアルデヒド」なら大丈夫ですか?
質問/回答
[質問]
私は 昨年秋に『化学物質過敏症』と診断されました。
目に見える症状では全身のアトピー性皮膚炎です。他は特にありません。
症状が出始めたのは5年程前になります。
結婚して新築マンションに住み、約1年後の妊娠時に出始めました。
出産後、アレルギー科で採血をした結果、スギが振り切っていたものの他は特にありませんでした。
症状は年々悪くなって行きました。
主人の両親と同居する事になり、実家をリフォームして引っ越してから更にひどく、何も出来ない位悪化し最悪でした。
『化学物質過敏症』と言われた病院は5件目でした。
今考えれば シックハウスが原因でアトピーの症状が出てしまったのではないかと思っているのですが・・・
前置きが長くなってしまって申し訳ありません。
お聞きしたい事は、最近通信販売などで目にしますが【低ホルム】と記載されている物に対してです。
字のごとく 低い濃度なんでしょうけれど、一般で言われている基準値に対して一体どの位なのか 私のような素人には全く分かりません。
ごく微量でも反応してしまう場合は、勿論低ホルムでもいけないと思うのですが・・・
2人の子供の為にそろそろ2段ベットを買おうと思うのですがやっぱり低ホルムでも新品ではなく、リサイクルショップなどを利用した方がいいのでしょうか?
この先学習机なども必要になってきます。
薬品を使っている防ダニじゅうたん・カーテン諸々きりがありませんが・・・
おかげさまで 今症状は落ち着いております。
2度と同じ目に会わないようにと思い、何か良いアドバイスをいただきたく投稿いたしました。 
お忙しい所 恐れ入りますが どうぞ宜しくお願いいたします。
[回答]
【低ホルム】と記載されている物がとても多く出回っております。しかしどの位の数値(値)に対して【低】なのかがどれも示されておりません。

現在の合板(ベニヤ板)は低ホルムアルデヒド合板として農水省が規定しているものがあります。F☆☆☆☆は0.3mg/L以下というよう数値が示されております。ところが市販されている商品では数値が示されいるケースはほとんどないと思います。また商品を扱っている営業マンなりに尋ねても低ホルムアルデヒドの意味を理解してない人がほとんどで、ただ「低いです」としか答えられない者がほとんどです。それで納得して買ってしまう消費者がとても多いようです。

あいまいなところで納得するのは良くないことです。

厚生労働省はホルムアルデヒドの指針値(基準値)を0.08ppmと定めております。したがってそれ以下であれば低といえるのかもしれませんが、それもとくに定義があるわけではありません。また一つ注意しなければならないことはこの0.08ppmの指針値はあくまで健常者用で非健常者にはこの指針値は適用されません。
このことはあまり知られていませんが、とても重要なことです。またこの条文で非健常者の定義はありませんので健常者、非健常者の区別があいまいです。

貴女の様に化学物質過敏症の方は低ホルムアルデヒドは絶対やめた方がよいでしょう。
家具などはホルムアルデヒドがとても多く出ます。新品よりはリサイクルショップの方がよいと思いますが、どの位古いのか、またリサイクルの為に塗装やその他手を加えている可能性もありますし、古くてもホルムアルデヒドは出続けますので当会ではお奨めできません。

当会では貴女のような方のために安全な家具を紹介しております。生活環境協会のHP「過敏症患者対応製品のご案内」をご覧ください。その他、布団・衣料品・ラグなどの安全な物も紹介しておりますのでお問い合わせください。市販品より価格は少し高いですが、あの苦しさを考えると高い分安全料の方が安いとも思います。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。