相談内容と回答
住みやすい日本を! 掲載日 2003/11/22
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H15年8月7日H15年8月7日 検査結果の解釈をどの様にしたらよいか教えて下さい
質問/回答
[質問]
はじめてご相談させて頂きます。
私は約2ヶ月前に内装を大幅に改装した部屋に転居しました。
転居したばかりのころ、室内に入ると激しい眼の痛みを感じました。その後、その部屋での生活を続けるにつれ、痛みはだんだんと薄らいで来ましたが、急に眼がかすむように なりました。気になって1週間ほど前に眼科で診てもらうと、「もともとドライアイであるところに、有機溶剤の影響が加わり眼の表面がただれてしまったのではないか」と言われました。これを聞いて、急いで保健所に連絡をして部屋の検査をしてもらいました。検査の結果は、トルエン濃度は0.01ppm(ガイドライン値0.07ppm)、ホルマリン濃度は0.06ppm(ガイドライン値0.08ppm)で、いずれもガイドライン値を下回っていました。

上記の眼科の診断内容および保健所の検査結果をどのように理解・解釈したらよいのか困惑しています。また、今後、どのような対策を講じればよいのかをご教示頂けると幸いです。
[回答]
部屋の内装が具体的にどの様に(どんな建材)したのかがもう少し具体的に分かると判断し易いのですが。と申しますのは、とくにシックハウスに留意した内装でなければ検査結果が少し低いような気がします。ただ文面だけで数値を疑うのは失礼とは思いますが、経験上すこし低いかなと思います。
またガイドラインより低いから安全とは言えません。あなたにとってこの数値が健康影響でどうなのかは別問題と考えてください。

医師の診断を医者でない私が意見を述べるのはせんえつですが、シックハウスの専門医(国立相模原病院 042−742−8311)に行かれた方がよいかもしれません。
シックハウスはまだ医学界では認知されていないので知らない医者がむしろ多いのです。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。