相談内容と回答
住みやすい日本を! 掲載日 2003/06/07
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H15年4月9日H15年4月11日 シックハウス患者の住まいについて
質問/回答
[質問]
○○県に住んでいる24歳の女性です。よろしくお願いします。

3年ほど前に化学物質過敏症と診断され、北里病院に通院し、現在は普通の生活が送れるほどに回復しました。

約1年前に結婚し、現在は私の実家で暮らしているのですが、主人の仕事場近くに家を探すことになりました。主人の会社は○○県の○○近辺です。
そこで、自分の体の事を考えてシックハウスにならないような家を見つけることを第一条件として探しております。 前置きが長くて申し訳ありません。

  1. 中古の一戸建てを購入した方がいいのか、マンションで中古の方がいいのかわかりません。
    また、中古の場合どのくらいの年月が経過していれば比較的安心でしょうか? 
  2. 一戸建ての場合、木造住宅か鉄筋住宅の方がいいのかもわかりません。
  3. 家を購入するにあたり、周辺環境のどのような点に注意するべきか(工場から何メートル離れた方がいいかとかです)わかりません。
  4. やはり、現在建ってしまっている(普通の業者の)新築物件には私のような過敏症は換気をしたとしてもやめておいたほうがよろしいでしょうか?

お忙しいところ、長々と書いてしまって申し訳ありません。
どうかよろしくお願いいたします。

[回答]
  1. 中古一戸建ての方が良いかもしれません。ただマンションが悪いわけではありません。マンションは上下左右も含めて近隣の影響を受けやすいと思います。当会に寄せられる相談でもマンションの近隣の影響の相談がかなりあります。
    中古でもリフォームはしないといけないでしょう。3年〜15年以上でも化学物質の放散はあまりかわりません。経過年数が多ければ化学物質の放散が少ないとは限らないからです。その建物の使用建材によって違います。
  2. 必ずしもどちらとは言えませんが、木造の方が良いと思います。有害物質を排除したリフォームがし易いでしょう。
  3. メイン道路からはなるべく離れたほうが良い。近くに家庭菜園も含めた畑が無い。隣とはなるべく離れていたほうが良い・・・などきりがありません。
    候補の家が見つかったらすぐに決めないで何回も現地に出かけ、家や近隣の環境や影響をよく調査し問題点を洗い出し、充分なチェックに時間をかけた方がよいでしょう。
  4. 今の新築は過敏症の方に配慮されていないと思ったほうが良いでしょう。したがって新築はお勧めできません。
    過敏症でなくても立地、間取り、価格など希望に合うものを探すのは容易ではありません。それの何十倍も大変な過敏症患者が住める家をさがすのですから大変な作業です。
    現在回復していてもまた負荷をうければたちまち症状が悪化します。過敏症の方には一般論は通じません。あなたがどうなのかですから良きアドバイザーに相談しながら慎重に進めてください。当協会では長年シックハウスに取り組んできた業者を紹介することができます。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。