相談内容と回答
住みやすい日本を! 掲載日 2001/09/16
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H13年8月6日 H13年8月9日 化学物質過敏症の患者が使える衣類・寝具等を教えてください
質問/回答
[質問]
重度の化学物質過敏症により、衣類・寝具が利用できず、日常生活に切実な問題を抱えている母に代わって質問を送らせていただきます。
 
<衣類>
着用できる服がない・・・という方はどのように対処されているのでしょうか。
我慢ができる範囲であればよいのですが、我慢して着用することで神経に異常が出て卒倒しそうになるという母のような場合、どうしたら良いのか・・・これから冬になるというのに途方に暮れております。
何度水洗いをしても効果がなく、逆に最近では水洗いすることで繊維の化学物質が出てくることもあり、着用できる服がなくなってしまいました。 そのような方はいらっしゃいませんでしょうか。
<寝具>
こちらも衣類と同じく、呼吸困難になる為、かといって布団がなければ眠ることもできないなど人間としての生活を捨てるというレベルの悩みに、精神的にも追い詰められています。
冬期間・夜間・睡眠中、などの換気の確保、衣類・寝具の確保、又は化学物質を呼吸器から妨げる為の方法を見付けた方、いらっしゃいませんか。

どうか情報を頂きたくメール差し上げます。 何卒宜しくお願い致します。

[回答]
衣類、寝具はオーガニック製品がありますので、ご希望でしたらパンフレットを送らせますので住所、氏名、TELをお知らせ下さい。
ご紹介する商品は重症患者の方も使用していますが、何回か石鹸での水洗いをしてから使用できるようです。
今のところ、これ以上安全につくられたものはありませんのでそのように対応しています。

換気について・・・・住宅に問題はありませんか?住宅および廻りの環境によっては空気(室内外)の良いところに転地するしか方法がないと思います。現在、協会でも転地先の土地を探しています。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。