相談内容と回答
住みやすい日本を! 更新日 2001/04/08 掲載日 2001/04/08
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H13年3月2日 H13年3月3日 リフォームしたての校舎への入学
質問/回答
[質問]
まもなく入学を控えたアトピー児の母です。5年前に(国道から直線距離で50メートルのところに)家を新築(シックハウス対策等なし)、入居後1週間ほどで当時2歳だった娘は突然アトピー性皮膚炎を発症しました。さらに1年後には喘息も発症しました。
年に数回この5年間に何度もアレルゲンの検査をいたしましたが今のところホルマリンも含め、ほとんどがシロだと言われています。
そしてIgEの値は当初2000くらいあったものがなぜか現在は400程度まで下がってきています。
医師の指導のもと徹底した清掃を行ったりいろいろ手を尽くしましたが、喘息の発作があまりに頻繁でよくならないことからわらをもすがる思いで2年前に大きな空気清浄機を3台購入し娘の近くで絶えずフル稼働させるようにしたところ、ピークフローの値がぐんぐんのび、喘息の発作はこの2年間ゼロ回となりました。ただ、アトピーの方は相変わらずステロイドのはなせない中〜重症ではあります。
先日低ホルマリン仕様と言われる学習机を娘の部屋に設置したところ、その日の夜アトピーが悪化し突然激しく嘔吐しました。
また、以前にはオープンしたてのレストランで席についてまもなく顔面が紅潮し気分が悪くなったということもありました。
医師には発症の経緯などすべてを詳しく伝えてはありますが、それまでのRASTの結果から、シックハウスではないと断言しておられ毎回ふつうの胃炎と診断しておられます。ただ、自分としては、「限りなくあやしい」と思って生活しております。
(地方の小さな町で医師数も大変少なく、セカンドオピニオンを得る事も難しいまま今に至っております。)
その娘の入学予定の町立小学校が5年計画でリフォーム中です。そして、つい先頃1年生用の校舎がすべてに先駆けて完成しました。学校建築なので比較的健康的な建材を使用しているようなのですが、親の判断で教育委員会にほかの古い建物の学校に指定校変更してもらうかどうか悩んでいます。
学校側は入学直前に(少しは薬剤が揮発して少なくなっているだろうから、なるべく直前まで待って)娘をその教室で数分過ごさせ気分が悪くなければ予定通り入学してほしいと言っています。また、主治医は「シックハウスの症状は目がちかちかしたり、めまいがしたりというもので、血液検査でホルマリンも特に問題がないと出たのだからそんなに神経質にならない方がよいし、本当にシックハウスなら入った瞬間どうにもならない不快感があるはずだから、学校側の言うやり方でチェックすれば十分」とおっしゃいます。
本当に、そうしたチェックだけでいいものなのかということをふくめ、どう最終的な判断をしたらよいものなのか娘の命の鍵を握る責任者として 無知無教養を嘆きつつすがる思いでこのメールを書いております。

[回答]
お子さんの様子から判断して、シックハウスによる化学物質過敏症と思われます。正確に診断したいのであれば北里研究所病院に行ってください。(TEL03-3444-6161) 
この病気を理解している医師はまだ少ないようであなたの通院先の先生がおっしゃったような診断をする方が大半のようです。
私共へ来る相談のほとんだが同じ様な訴えで、あちこちの診療科を廻り検査をしても異常がなく最後には精神科へ、というのがあるようです。 娘さんの入学の対応ですが,あなたが考えておられる指定校変更をなさることをお勧めします。現在シックスクールも社会問題化してきましたがその対応は全然といっていいくらいできていません。一部の私立学校でシックスクール対策をしましたが公立学校ではまだまだです。学校側は薬剤が揮発して少なくなっているだろうといっているそうですがそんなに簡単に消えるものではありません。10年〜15年出続けるとも言われています。
娘さんを教室で数分過ごさせるのは絶対にやめてください。いままでの経過からしてまた何らかの症状がひどく出ると予想されますので、学校側を説得させるために娘さんを人体実験にするのはかわいそうです。(お母さんだってそれは十分予想できますよね)
この病気のことはなっていない人にはとても理解してもらえません。夫婦、兄弟、親子の間でも患者さんの病気が理解できず、家庭不和になっているケースが多いようです。学校側に理解してもらうのは無理だと思いますので、理解してもらうのではなく、お母さんの判断で断行してください。それしか娘さんを守ってあげられないのが現状です。
娘さんの命の鍵を握る責任者のお母さん!!あなたの強い意志で守ってあげて下さい。

「あなたも化学物質過敏症?」 石川哲・宮田幹夫著 農文協より出版されています。是非読んで参考にしてください。


相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。