相談内容と回答
住みやすい日本を! 更新日 2001/03/05 掲載日 2001/03/05
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H13年2月6日 H13年2月7日 シックハウス症候群の妊婦への影響について
質問/回答
[質問]
現在妊娠8ヶ月後半で、産休まであと1月間の身です。
つい先日、勤め先が改装したばかりのビルに移転し、以来夕方には喉の痛み、目の充血といった症状を覚えています。他の社員でも鼻水が止まらない、喉が痛い、 肌がかゆい、といった症状がでている人が全体の3割ほどいます。換気には気をつけていますが、お腹の子に悪影響がでないか心配です。ご存知のことがあれば教えてください。
[回答]
私は医者ではありませんので医学的見解ではありませんが、北里研究所病院の石川先生、宮田先生はかなり以前から、化学物質過敏症の影響は「妊婦が一番心配です」とおっしゃっています。
いまお腹の赤ちゃんはものすごい勢いで細胞分裂をしながら成長しています。有害な化学物質はその新しく出来る細胞に影響を与え正常な細胞が出来ないと言われております。
つまり生まれてくるお子さんの人格や健康または体自体という根本的なところに影響を及ぼすということです。
早急な対応、つまりお母様が化学物質の影響をなるべく受けない方法をおとりください。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。