相談内容と回答
住みやすい日本を! 更新日 2001/03/05 掲載日 2001/03/05
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
H13年2月6日 H13年2月7日 シックハウスにかかってしまったというクレームにどのように対応したらいいのか困っている
質問/回答
[質問]
前年9月に竣工したRC造マンション(とある会社の一括借り入れ)の現場管理をしていました。
竣工後1部屋残してすべて入居、その1部屋も12月に入居しました。ところがその1部屋から問題が発生。入居された住人がひどいシックハウス症候群にかかってしまたとの連絡があり、早速連絡を取りました。ご主人は目やその周辺の皮膚がひどくかぶれた状態になり、頭痛やめまいが一日中止まらず病院へ通っているとのこと。奥様は妊娠5ヶ月で吐き気がするが、つわりなのか何なのか解らないとの事。

未入居時はたまに換気をしていたようですが、入居した部屋とは空気の流れは比べものにならないくらい少ないと思われます。ホルムアルデヒドのような科学物質は日ごとにたい積していくのでしょうか。
また、化学物質を除去する方法はあるのでしょうか。その保証は今までにどのような事例がありますか。今まで運が良かったのか竣工後に未入居だった経験がなく、そのようなクレーム対応に困っています。・・・・宜しくお願いします。

[回答]
ホルムアルデヒドのような化学物質は換気すれば部屋の濃度は下がります。とくにマンションの場合気密性が高い為、締め切りの状態だと濃度はかなりあがります。
化学物質を除去する方法は、オゾンを使うとか、光触媒によって、とか巷ではあるようですが学会等ではまだ認められておりません。除去であれば室内環境に配慮したリフォームしかないでしょう。
保証は弁護士の範疇なのでよく分かりません。
患者(被害者?)との感情のトラブルにいってしまうことが多いいようですので、担当者の誠意ある対応が一番でしょう。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。