相談内容と回答
住みやすい日本を! 更新日 2000/10/01 掲載日 2000/10/01
作りましょう!

相談一覧に戻る

受付日 回答日 見出し
ホームページ 開始以前 リフォーム後アトピーが悪化してしまいました
相談内容
築30年の公団住宅に3年前に入居しました。直前に全面リフォームしたとのことでした。 入居前から妻はアトピー性皮膚炎でしたが、温泉治療をして良くなってきていました。それが 引っ越し後にぶり返してしまったのです。また今年になって小学校2年生の娘もアトピー になってしまい、つらい状況です。 住まいに問題があるのではないかと思っていますが、カビ、ダニの測定はできるでしょうか? その際の時間や費用についても教えてほしいのですが。
回答
アトピーの症状が出たことについては、ダニ、カビの影響と、建材から出る化学物質による 影響(シックハウスと呼ばれる)の2つが考えられます。ただ直前にリフォームしたことや、 じゅうたん敷きではないことなどから判断すると、建材から発生している化学物質の影響の ほうが大きいのではないかと思います。 建材から発生する化学物質は15年あまりの長期にわたって出続けると言われています。 再度の化学物質に配慮したリフォームをおすすめします。 有害な化学物質が出ているのかいないのかわからない状態でリフォームした結果、 アトピーが良くなった例もあります。 あなたのご家族の場合に、どの程度の効果があがるかは一概に言うことはできませんが、 少なくともリフォームすると前よりは改善されると思います。

カビ、ダニや化学物質の測定はある程度可能ですが、測定結果の数値と人体への影響度合い はそれほど自明ではありません。個人差が大きく、どのくらいの数値なら安全かといった ことを決めるのも、一般的には難しいからです。 アトピーの人は化学物質の影響を非常に受けやすくなっています。 費用の問題も大きいのですが、せっかく温泉療養をして良くなったのが無駄にならない ようにリフォームし直したほうがよいと思います。

相談一覧に戻る



このページは、特定非営利活動法人 生活環境協会が提供しています。